韓国が日本の憲法9条を、
ノーベル平和賞に推薦していたことをご存知でしょうか?

慰安婦や徴用工問題で、散々日本を苦しめてきた韓国。
ついに、日本の素晴らしさに目覚め、
今までの行いを反省した…?

まさか、そんなワケはありません。

何を隠そうこの憲法9条、
韓国にとって、都合の良いことだらけなのです。

例えば、2018年12月の韓国のレーダー照射問題。
日本の領海内で、韓国の駆逐艦が、
明らかな挑発行為を、日本側に対して行いました。

専守防衛が9条で約束されている限り、
日本側は、これらの行為に対して
「抗議」しか出来ません。

「また韓国に好き放題されて悔しい」
と思った人も多いと思います。

しかしこの事件は、
そんな、感情論では済まされない問題が潜んでいます。

つまり、韓国はいま、
「日本の海を、事実上支配している」のです。

大きなニュースにはなっていませんが、
レーダー照射事件のひと月前、
韓国は、日本の経済水域で作業中だった、
日本の漁船に対し「操業停止」を命じました。

日本の漁船が日本の海で漁業をして、
他国に「命令」されるのです。
おかしくはないでしょうか?

しかし、日本政府は
こういった問題が起きるたびに、
「抗議して終わり」です。

これに味をしめた韓国は、
日本の経済水域で好き放題動いているのです。

これだけ韓国を調子づかせる憲法9条。

「改正しない政治家は何をやっているのか?」
と思いたくなります。

しかし、1948年の吉田茂首相の時代から、
日本の政治家は、一向に憲法を変えません。

そこには、今なおアメリカに政治家が配慮せざるを得ない、
憲法制定時の「呪縛」があったのです…

憲法制定のウラ側を知る

詳しくはこちら

 

書籍の関連記事
  • ダイレクト出版の謎
  • リスト・ビジネスの教科書の内容
  • 太平洋戦争の大嘘の内容
  • webだから出せる国際社会のタブー
  • 藤井厳喜の「ワールド・フォーキャスト」
  • 記憶に残るメッセージの作り方
おすすめの記事
書籍
子供たちは言った ギブミーチョコレートという言葉をご存知でしょうか? これは、太平洋戦争終結後、GHQ占領時代の日本の間で、 子どもたちの...
書籍
音楽の記憶 なぜ美しい音楽は数年、数十年も記憶に残って、 雑音は1日もしないうちに忘れてしまうのか? よく考えてみると不思議な話です。。。 ...
書籍
韓国が日本の憲法9条を、 ノーベル平和賞に推薦していたことをご存知でしょうか? 慰安婦や徴用工問題で、散々日本を苦しめてきた韓国。 ついに、...
書籍
リスト・ビジネスの教科書の要約 リスト・ビジネスの教科書 本書は、理想的な顧客リストの構築をはじめ、 ネットビジネスを着実に稼げるものにする...
書籍
商品の良さを分かって欲しい これは、社長に限らず、 誰もが思うことですよね。 商品サービスの改良を重ね、 人々が求めているものを作り上げ、 ...
書籍
「会員数70万人、売上50億円」 これは私たちダイレクト出版の おおよそのメルマガ会員数と年商です。 そして実はこの売上。7割以上を ”メル...
書籍
ストーリーブランド戦略の概要 要約 ストーリーブランド戦略 物語の7大要素を使って事業を成長させる! あなたの会社は事業内容をわかりやすく発...
書籍
太平洋戦争の大嘘の要約 中身を読まなくてもわかる本の要約 「太平洋戦争の大嘘」 国際政治学者・藤井厳喜が、アメリカで47年間封印されていた元...