米国産・日本国憲法の概要

概要
世界中の天才が集まり100人中3人しか合格しない超難関、超名門と言われるスタンフォード大学。 その中でも格が違うのがフーヴァー研究所。元英国首相マーガレット・サッチャーは、 「政治・経済・国際問題に関して世界で最も重要な研究組織はフーヴァー研究所であります」と評価をしている。 在籍する教授は133名(うち3名はノーベル経済学賞受賞者)。 前政権時にはそのうち25名がホワイトハウスの要職につきアメリカを舵取りする。 西教授はその世界の情報が一手に集まるフーヴァー研究所に30年以上にもわたり在籍している唯一の日本人である。 長年の日米アジア研究を通じて、日米の政財界やシンクタンクに情報源を持ち、 アメリカ政府の機密文書からGHQ占領政策の研究で世界的な権威である。 フーヴァー研究所から出版された著書は 「日米関係、占領史、日本近代史」を研究している人間で知らなかったらモグリだと言われるほど。
【書籍について】 西教授は数年前、偶然にも、フーヴァー研究所の地下にある公文書館に、膨大な日本関連の史料が置いてあるのを発見。 その史料というのは、1945年11月。敗戦後の混乱の中、GHQの許可のもと設立されたフーヴァー研究所:東京オフィスが、 「日本が戦争に突入した原因を探る」という目的で、 数々の機密文書や史料を秘密裏に集め、 アメリカへと持ち去ったものでした。(*約5年半の間に1,468箱の史料がアメリカに送られていました) その中には、GHQが書いた「日本国憲法草案」原文をはじめ、秘密会談の克明な記録…東条英機など、 東京裁判でA級戦犯に処された人物が獄中で綴った手記… 特高警察と共産党に関する機密文書から、 戦地で日本の兵隊が書いた手紙や絵本まで… 研究歴40年を超える西教授でさえ、初めて見るような史料も数多くありました。 「米国産・日本国憲法の正体」では、それら一次資料をもとに、 西教授が丁寧に、「日本国憲法誕生の裏側」を紐解いたものです。 例えば、 憲法9条は天皇陛下の命と交換だった? 誰も逆らえなかった、GHQ最恐の脅し文句とは… 例えば・・・ ◎武士道を恐れたマッカーサー。日本の政治家を無能にすべく実施した、弱体化計画とは? ◎「3発目の原爆が怖くないか?」 ◎日本の命運が決まった、70分の秘密会談の恐るべき内容 ◎「中国、ロシアに利権を取られるな」マッカーサーが憲法作成を急がせた本当の理由 ◎「自衛の戦争も認めない」と言っていたマッカーサー。その後、慌てて自衛隊を作った真意とは? などなど、これらはほんの一部ですが、一般にはあまり知られていない情報がわかります。 これらの情報は、一部の国や政治家にとっては都合が悪く、ニュースや教科書ではなかなか手に入りません。 ぜひ、この講演録からあなた自身で何が真実なのかを判断してください。

目次

この商品はDVDがメインとなります。
DVD(動画)の内容は下記となります。

第1章
たった”8日”で書き上げられた日本国憲法
『日本が作った2つの憲法案』
『憲法制定で、GHQが唯一恐れたモノ』
『近衛を死に追い込んだGHQのやり方』
『究極の脅し文句「戦犯にするぞ」』
『毎日新聞の裏切りスクープ』
『金と利権にまみれた憲法9条』

第2章
GHQ草案と日本政府の完全敗北
『天皇がどうなっても知らないぞ』
『憲法はこうしてGHQに生み出された』
『日本共産党は9条改正を望んでいた』
『マッカーサーの手のひら返しで変わった9条の解釈』

第3章
マッカーサーの最高傑作、憲法9条
『第二のヒトラーを産まない為に』
『去勢された日本』

第4章
9条が書き換えられないのはナゼか?
『日本の属国が確定した日』
『70年間、平和憲法に洗脳される日本人』
『吉田茂が憲法を変えなかった本当の理由』

第5章
自衛隊という矛盾
『腫れ物扱いの自衛隊と憲法9条』
『アメリカ大統領は戦争しないと男になれない』
『トランプにカネを絞り取られる日本』
『安倍晋三、外交で犯した最悪の失敗』

第6章
公文書に対する日米意識の格差
『証拠隠滅国家「日本」』
『永遠に失われた武士道精神』
『アメリカが世界を征服できたワケ』

第7章
どうなる憲法改正
『日本の外務省が無能なワケ』
『9条があるから平和という大嘘』
『日本国憲法はこうすれば変えられる』

 

スタンフォード大学教授が憲法9条を切る

元英国首相マーガレット・サッチャーは、
「政治・経済・国際問題に関して世界で最も重要な研究組織は
スタンフォード大学・フーヴァー研究所であります」と評価。本書籍の著者である西鋭夫教授は、
同研究所に30年以上在籍する、日本人で唯一の人物です。

今回、このメールをご覧になっている方限定で、
定価1980円のところ、特別価格550円で、
DVDブック「米国産・日本国憲法の正体」をご提供します。

憲法9条制定の裏側を知る

詳しくはこちら

 

From.西鋭夫

もう70年も経って、これだけ狭い日本に
広大な公地を基地に取られ、横田・厚木がありますので、
東京の上空、日本の飛行機が飛べません。
アメリカや中国に、よその国の基地あるんですか?
これだけ従順でアメリカに追随しているわが日本。
あの憲法、メイド・インGHQを、
私が子どものとき平和憲法と言って、教えた日本の教育。

いまだに皆さん、70年、私たちはウソをつかれて洗脳されてます。
あれが本当に平和憲法だと思ってる。
あれほど悪どい作り方をした憲法、おそらく世の中に残ってないです。
明治(政府)が一生懸命になって直そうとした、
不平等条約というものがありますが、皆さん、

あれと全く同じで、こんな不平等な。

※上記は本商品の内容を、一部文字起こししたものです。

西教授が仰るように、
日本のマスコミや教科書は戦後、
とりわけ憲法9条を「平和憲法だ」と
われわれに伝えてきました。

しかし、現代の日本は、
韓国に竹島を実行支配されたり
北朝鮮にミサイルで脅されたりしています。

本当に平和とは言えない状況で、
なぜ政治家は憲法を長年放置していたのでしょうか?

憲法9条制定の裏側を知る

詳しくはこちら

 

書籍の関連記事
  • ダイレクト出版の謎
  • リスト・ビジネスの教科書の内容
  • 太平洋戦争の大嘘の内容
  • webだから出せる国際社会のタブー
  • 藤井厳喜の「ワールド・フォーキャスト」
  • 記憶に残るメッセージの作り方
おすすめの記事
書籍
韓国が日本の憲法9条を、 ノーベル平和賞に推薦していたことをご存知でしょうか? 慰安婦や徴用工問題で、散々日本を苦しめてきた韓国。 ついに、...
書籍
太平洋戦争の大嘘の要約 中身を読まなくてもわかる本の要約 「太平洋戦争の大嘘」 国際政治学者・藤井厳喜が、アメリカで47年間封印されていた元...
書籍
音楽の記憶 なぜ美しい音楽は数年、数十年も記憶に残って、 雑音は1日もしないうちに忘れてしまうのか? よく考えてみると不思議な話です。。。 ...
書籍
商品の良さを分かって欲しい これは、社長に限らず、 誰もが思うことですよね。 商品サービスの改良を重ね、 人々が求めているものを作り上げ、 ...
書籍
ストーリーブランド戦略の概要 要約 ストーリーブランド戦略 物語の7大要素を使って事業を成長させる! あなたの会社は事業内容をわかりやすく発...
書籍
<地上波が報じない世界のタブー> 著書80冊以上・国際政治学者の 「日本人が知っておくべき世界の裏側」 全6講義セットを今なら無料でプレゼン...
書籍
「会員数70万人、売上50億円」 これは私たちダイレクト出版の おおよそのメルマガ会員数と年商です。 そして実はこの売上。7割以上を ”メル...